サーバー新環境の練習も兼ね、おすすめバンド第2弾でございます。

今回は”HARDCORE SUPERSTAR”さんを紹介いたしますよ。

 

一言でいうと、超・正統派ちょいハードロックという感じで、85年~95年辺りが青春まっただ中だった皆様には、たまらない感じでござろうと思います。

 

そんな彼らが、2013年最新アルバムをひっさげてやって参りました。

昨日や今日に結成されたグループではありませんので、もうアルバムは何枚も出しておりますが、活動歴の長い中で最新作がこれまたすばらしいクオリティーだったためにご紹介いたします。

 

といっても、自分も昔から知っていたわけでは無く、最近TAMAドラムのサイトを見ていたらドラマーの紹介の中で知った感じでございまして、これからファンになっちゃっても良いよ?という・・・。

 


One More Minute

いかがでしょうか?

80年代のあの感じではありませんか・・・。

気づいたのは音がものすごく良いですね。

涙がちょちょ切れてきそうな中で最新曲からもう一曲。

ちゃんと1080Pで観てくださいよ?


Above The Law

人によってはこっちの方が80年代のあの感じになってしまう人もいるかもしれません・・・。

 

法律にファック!!とかもう、この陳腐さがヤバいです。

それに、ギターのリフがあまりにかっこよすぎると思うのですがいかがでしょうか?

ドラムもザ・TAMA!って感じの音でたまりません。

何度も言いますが

「カステラには福砂屋」

「ハードロックにはギブソンとTAMA」

これは永遠のパラダイムなのです。(笑)

 

80年代のあの感じですね・・・。(涙)

しつこいよって?(笑)

 

音楽でもファッションでも、そのときを支配する世代というものが存在します。

「最新」が愛される時代もあれば、「懐古」が愛される時代もあります。

またそれは常に輪廻転生を繰り返します。

 

最近はコストダウンと、盗作疑惑を避けるためのリバイバル作品が多い中で、ちゃんと新曲で古さを作り上げて行こうという心意気に惹かれてしまいました!

(あ、これは勝手に思っていることですが。)

 

きっとこんなロックバンドがあるうちは我々の世代もまだまだ捨てたものでは無いと、そう感じるわけでございます。

いや!むしろこれからの半世紀は我々の世代が支配しなくてはなりません!!

 

いつかまた、ルーズソックスの時代が来ることを夢見て・・・。

 

ファッキン!!Yeah!

おまえはどこの小学生だ?とかやめてください。

ロックって、こういうものだと思うのです。(笑)

 

コメントを追加(どなたでも投稿できます)
  • コメントはありません