愛用のイヤホンBOSE IE2がまたもや断線してしまったため、新たに買いに行きました。

いい加減慣れないと、あまりに選択肢が狭まりすぎてしまうため、今回は苦手な耳の穴に突っ込むタイプのカナル型にしました。

仕方が無いので、店員の視線も一切顧みず、1万~2万円帯の店内全てのイヤホンを手に取り、ガチ選びしてみました。

ここからは、一切の先入観や事前情報はむしろ邪魔!

自分の耳との勝負ですっ!

2時間半ほどかかりましたが、最終的には、Philips社(フィリップス社)の1万円強くらいのものと、

main2

結果として購入した、このONKYO社(オンキヨー社)のIE-HF300に絞られました。

 

と、ここで一旦アタマをリセットして、2万5千円以上するいわゆる高級イヤホンをしばらく聴いてみたのですが、既に耳も脳もグッタリ疲れておりまして、なんか、つんつんきんきん、スゴいうるさく感じる・・・

たぶん、これがいい音なんだろうな~。

などと。

 

・・・っていうか、これって本当にいい音なのか?3万5千円!!!

などと・・・。笑

 

中には一つだけ、SONY社だか、SHURE社だかのもので、あっ・・・確かにこれはっ。

・・・ていうのもあったのですが、さすがにイヤホンに3万とか、お前一体どこの田園調布だよ。

って感じで、速攻却下。

 

こういうのは体調の万全なときにでも、また・・・。

 

と、だんだん疑心暗鬼になってきてしまったもので(笑)、元の絞った二つに戻ってきました。

 

さてさて、そんなこんなで、最終的にはONKYOのイヤホンとなったわけですが決め手の一つに、ケーブルが断線したら取り替えが出来て、でもその分イヤホン本体は頑丈に作ってありますっ!

・・・的なノーベルもビックリの機構がありまして、もうこれは俺様の心を鷲掴み~、からの決定~♪でした。

というわけです。

 

実はこのイヤホン、リケーブルといってきしめん型の◆通常版(カラーバリエーション版)と、

なんかすごい素材99.9999%(もう100%で良い。)の◆音質重視版があり、

ヨドバシのおにいさんが音かなり違いますよ、とか言うものですから、迷惑料がてらに両方購入してしまいました。

onkyo-kishimen

onkyo-99

俺様の耳にはプラシーボ効果は通用しませんよ?

 

さて、肝心の音はどんな感じかと申しますと、スゴくいい音です。笑

この俺様が言うんだから、間違いありませんよ。

 

なんと言っても、超苦労してお店の全商品を聴くという念の入れようですから、それに勝るものはないでしょう。

 

ちなみに、きしめんケーブルと99.9999%の違いについては、ぶっちゃけ騒音の屋外では分かりませんでした。

歩いているケーブルの擦れる音と呼吸の方がうるさいです。

 

しかしですね、静かなところで聴くと少し事情は変わります。

一言で言うと、99%ケーブルの方が音にコシが出ます。

きしめんケーブルは、これでも十分良い音なんですが、例えるなら塗り絵で縁取りをするか、しないか、みたいな感じです。

どちらもGOODです。

この縁取りな感じは特に中高~高音程で顕著に感じます。

99%ケーブルの低中音はボアっと感がなくなり、少し大人しくなる違和感(クセ)を感じましたが、コシが出ますので聞き慣れればこれもアリな気がしてきます。

きしめんの低音はボぁー、99%の方はドゥーという感じです。

 

音に輪郭が増すと、音楽の疾走感(ノリ)が増すように感じました。

低音が跳ねる感じ?とでも言うのでしょうか。

とにかく低中音の精度?均衡?がヤバいくらいに良いです。

だからといって、全体的なバランスは全く失われておらず、むしろボーカル(主旋律)と相まってさらに良い方向へとベクトルします。

 

このイヤホンで聴いたあとに、他の同程度のイヤホンを聴くとガッカリする感じを覚えます。

むしろその感覚を覚えたのであれば、絶対にこれを買うべきです。後悔はしません。もちろん逆も然りですが・・・。笑

 

リケーブルは目隠しをして変えられても、おそらく分かるレベルです。 

静かな部屋で、なら、ですが。笑

 

そんな感じです。

以上お勧めイヤホンでした~。

 

コメントを追加(どなたでも投稿できます)