なんか最近アップデート付いてますが。笑

openlogo-50

 

本当はこんなサーバーアップデートだのサイト更新だの「んなこと、知ったこっちゃねぇーよ。」的な内容は書きたくも無いのですが、今回はWindowsVistaをWindows8にした的な大きな更新ですので、書いても良いとしましょう。

 

新しいサーバーのシステムはDebian7.0(wheezy)です。

 

今回のアップデートは久しぶりにシステムメンテナンスバージョンのconfigを上書きしての更新を行いましたので、色々と動かなくなるソフトが多くなると予想していたのですが、あれ?なんか、意外と、大丈夫でした。笑

 

そこら辺はさすがDebian系です。

 

Apacheなどはconfigファイルが分散しているため、カスタムな設定はそのままに、重要事項や古い内容だけを更新できるという、なんとも精神衛生上すこぶる宜しさが気持ち良いです。

 

この俺様が、リリースノート3分読んだだけで、更新に踏み切ることが出来ましたのでやっぱりDebianのメンテナンス性には頭が下がります。

 

squeeze-wheezy

みてみるとカーネルやMysqlなどはガッツリとバージョンが上がっておりドキドキしましたが、Mysqlに至ってはなんとアップグレードはされず、なぜか強制的に削除?されました。

内心ちょっとだけやべーと思いました(笑)

ちょっとそこら辺の挙動がよく分からなかったのですが、もう一度apt-getでインストールしてこのサイトも動き出しました。

 

今回はこれくらいでしょうか。

基本、APTのsource.listを書き換えて、update と dist-upgrade をするだけで、全体の更新を行えました。

 

実はすごいことです。

 

依存関係がどうだのこうだの、 あのドライバーがあるだのないだの、あれインストールしようと思えばこれインストールされた・・・など、そんな時代はもうLINUXディストリビューションも終焉を迎えたようです。

何のことはない普通のLAMPサーバーなのですが、面倒くさいのが嫌な自分にはぴったりなディストリビューション(Debian)でございます。

 

コメントを追加(どなたでも投稿できます)